保育士の実技試験について

28年度から保育士の資格試験が一年に一回から二回になり、ますますチャンスの機会が増えました。保育士の合格率は年々10パーセント台と厳しいもので、膨大な範囲からの筆記試験に苦しむ受験生が多いでしょう。

5択のマークシート式ですが、問題数が少ない場合には間違えると不合格になりやすい事もあり、より正確な正解が求められるでしょう。

合格には全科目60パーセント以上の正解が必要です。



一方で実技試験ですが、合格率は90パーセント台を誇り、多くの受験生が合格しています。



内容としては演奏と造形、読み聞かせの3つの中から2つを選択するものです。保育士というとピアノが必須なイメージがありますが、得意な方は演奏の分野で発揮する事が出来ますが、演奏が出来ない人は選択しない事で合格を目指す事が出来るでしょう。


演奏といっても難易度はさほど高くはないでしょう。
造形においては課題に出された絵を作成するもので、子供たちに見せる上でより解りやすく親しみやすい絵を描く事がポイントです。

また、読み聞かせに関しても、5歳児や3歳児等、対象の子に対して読み聞かせを3分程度行うものでいかに子供が聞いてくれるような読み聞かせが出来るかが採点のポイントとなってきます。
問題がある程度決まっており、対策しやすいので合格を狙いやすいと言えるでしょう。

保育士資格を持つ事で期待される事は保育士として保育所や託児所に勤務できます。

人気上昇中の保育士の就職関する情報選びといえばこちらのサイトです。

働くママが増えているので需要は今後も期待されるでしょう。